システムコンセプト

LINEで送る
Share on LinkedIn

MIMAMORIシステム運用イメージMIMAMORIシステム運用イメージ

医療機関等において見守りシステムを導入・運用する場合,金銭的コストや人的・時間的コストが問題となるケースが多くなっています.例えば,複雑な見守りシステムでは医療従事者が操作に習熟する時間がかかったり,患者やベッドの移動などによる機器調整に時間を取られたりするため,作業が増えてしまうという欠点があります.

本プロジェクトでは,医療従事者や患者の負担を増やすことなく,低コストで導入・運用が可能な見守りシステム(MIMAMORIシステム)を開発するための枠組みを提案していきます.

見守りの対象はベッド上とし,ベッド毎に患者の状態を計測・判別し,ネットワークを通じて医療機関のシステムに通知を行うことを目指します.

MIMAMORIシステムのコンセプトは以下の通りです.

  1. ソフトウェアとハードウェアのオープンソース開発
  2. ソフトウェアのコンポーネント思考開発
  3. 市販のデバイスを利用したシンプルで安価なハードウェア開発

開発したソフトウェアやハードウェアは随時このサイトで公開していきます.